三菱自動車岡崎 プロ注目右腕相手にあと1本が…「まだまだ」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<三菱自動車岡崎・パナソニック>完封負けを喫した三菱自動車岡崎ナインはガックリ引き揚げる

第84回都市対抗野球1回戦 三菱自動車岡崎0―3パナソニック

(7月15日 東京ドーム)
 三菱自動車岡崎は2回から4イニング連続で得点圏に走者を進めてプロ注目右腕の秋吉を苦しめたが、あと1本が出なかった。

 結局、完封を許した座喜味大河監督は「1本出せない、出ないのがウチの若さ。まだまだ力がないということ。打たせないのは、さすがエース」と脱帽。ただ、外野でスタメン起用した中村優と小室、豊住の新人3選手が1安打ずつ放ち「今後への収穫」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース