大谷 3戦連続アーチならずも手応え左前打「しっかり打てた」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<日・西>5回無死二塁、左前打を放つ大谷

パ・リーグ 日本ハム14-3西武

(7月15日 札幌D)
 「7番・右翼」で先発した日本ハム・大谷は5回に左腕・中崎の外角直球を左前に運んだ。

 5打数1安打だったが「(安打は)逆方向にしっかり打てた。どのアウトもしっかり自分のスイングができたし、どんどん振れたので良かった」と満足げだ。一塁出塁後も大野の三塁内野安打を処理したヘルマンが一塁悪送球する間に、一気にホームも陥れた。右頬骨(きょうこつ)不全骨折を押してフル出場。63年江島(中日)以来となる高卒ルーキーの3試合連続アーチはならなかったが、陽岱鋼の2打席連発には拍手も送った。「痛み止めももうのんでいないし、大丈夫です。一打席一打席進歩していると思う。できれば多く打って得点したい」と、函館に舞台を移して行われる前半戦最後の17日の同戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月16日のニュース