平塚工科 死闘2時間56分、延長10回“暴走”劇勝

[ 2013年7月16日 06:00 ]

神奈川大会2回戦 平塚工科7―6神奈川総合産

(7月15日)
 平塚工科が神奈川総合産と2時間56分の激闘の末、サヨナラ勝ちで3回戦進出を決めた。

 同点の延長10回無死一塁、駒沢の打球を処理した一塁手が悪送球する間に、一塁走者の坪田が一気に生還し「(三塁ベースコーチは)回していなかったが、いいスピードで突っ込めた」。川辺勇斗監督は「暴走だけど、ああいう形はうちらしい」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月16日のニュース