ハービーは地元で初の大舞台「光栄なことだし、本当にうれしい」

[ 2013年7月16日 09:23 ]

米球宴前日会見

 先発は奪三振が魅力の両右腕に決まった。メジャー1位のダルビッシュ(レンジャーズ)に続く、2位のシャーザー(タイガース)と3位のハービー(メッツ)が大役を担う。

 24歳のハービーは地元で初の大舞台。本拠地で所属選手が先発登板するのはヒューストンで行われた2004年のクレメンス(アストロズ)以来。「とても光栄なことだし、本当にうれしい」と声を弾ませた。

 開幕から13連勝を飾ったシャーザーは「夢だった舞台にやっとたどり着いた」と興奮した様子だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース