オリックス 佐藤達 41戦目登板でついに黒星 9回無念被弾

[ 2013年7月16日 06:00 ]

<オ・楽>9回無死、佐藤達は枡田に中越え先制ソロを浴びる

パ・リーグ オリックス0-1楽天

(7月15日 京セラD)
 0―0の9回、今季80試合中41度目の登板だったオリックスの佐藤達が、途中出場の枡田に一発を浴びた。

 森脇監督は「終盤に同点のケースで何に気をつけなければならないか」と不用意な1球を問題視した。打線は2年ぶりに先発した長谷部らに手を焼き3安打無得点。楽天戦は4試合連続で5安打以下に抑え込まれるなど今季2勝9敗と大きく負け越している。「あまりにはっきり勝敗差が出るとね。見下ろされながら勝負すると、いいものが出なくなる」と危機感を募らせた。

 ▼オリックス・佐藤達(41試合目で初黒星)黒星はいつか来ると思っていた。全てにおいて未熟。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース