石井晶氏死去 元阪急内野手で阪神2軍監督も務める

[ 2013年7月16日 19:48 ]

亡くなった石井晶氏の現役時代

 元阪急(現オリックス)の内野手で、阪神の2軍監督も務めた石井 晶氏が15日に死去した。73歳だった。

 葬儀・告別式は家族のみの密葬で行う。喪主は長男基夫(もとお)氏。

 東京都出身で足立高から東京鉄道局を経て60年に阪急入り。4番を打つなど、67年の阪急初優勝にも貢献した。実働12年で通算成績は1262試合に出場し、780安打を放ち打率2割5分の成績を残した。

 現役引退後は阪急、ヤクルトでコーチ、阪神の2軍監督などを務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年7月16日のニュース