全試合出場中 大和 初回に負傷交代 ガーゼから血が…

[ 2013年7月16日 22:29 ]

1回無死一塁、大和は送りバントを試みるも右手中指に当てて負傷

セ・リーグ 阪神3―8巨人

(7月16日 甲子園)
 阪神の大和が1回、無死一塁でバントを試みた際に菅野の投球を右手中指に受け途中交代した。

 右中指をバットと投球に挟んだとみられる。治療を終えベンチから出てきた大和は無言で、患部に巻かれたガーゼからは血がにじんでいた。

 大和はここまで主に2番として全試合に出場しており、ケガの状態が心配なところだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース