最後の球宴に臨むリベラ「NYでプレーする意味は大きい」

[ 2013年7月16日 09:25 ]

米球宴前日会見

 今季限りでの引退を表明しているヤンキースの抑え投手リベラは最後の球宴出場を前に「われわれの球場ではないけど(ヤンキースの本拠地でもある)ニューヨークだから。ここでプレーする意味は大きい」と柔らかな表情を浮かべた。

 通算638セーブを誇る右腕は13度目の選出だけにリラックスした様子で「明日になれば特別な感情が出てくるかもしれない」と話した。ア・リーグのリーランド監督は「背番号42が投げるのを見られるだろう」と登板を確約した。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年7月16日のニュース