菅野 プロ最短の4回3失点で降板も負け消えた

[ 2013年7月16日 20:49 ]

1回、阪神に3点を先制された巨人・菅野

セ・リーグ 巨人8―3阪神

(7月16日 甲子園)
 巨人の先発、菅野は、初回に4安打を許し3失点。5回に代打を送られたため、プロ最短の4回、7安打5奪三振、3失点で降板した。

 勝てばチーム単独トップの9勝目だったが「いいところを狙いすぎてカウントを苦しくしてしまい、甘くなったところを打たれる典型的なパターンでした。先発としてもっと長いイニングを投げなければいけませんでした」と反省。それでも2回以降は無失点に切り抜け、終盤に味方打線の援護で黒星が消える勝負強さも見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月16日のニュース