内海完封でリーグトップタイ11勝目「理想的なピッチング」

[ 2012年8月17日 20:50 ]

広島戦に先発した巨人・内海

セ・リーグ 巨人5―0広島

(8月17日 東京D)
 巨人の内海が17日、広島打線を4安打に抑え今季2度目の完封勝利。リーグトップの広島・前田健に並ぶ11勝目を挙げた。

 初回から低めに丁寧に集める投球で内野ゴロを量産。終わってみれば16個の内野ゴロを積み重ね、「うまいことゴロを打たせてリズム良く投げることができました。理想的なピッチングがきょうはできたと思います」と胸を張った。

 ここ2試合は7回途中で降板する不本意な内容が続いたが、完投で救援陣をしっかり休ませた。「任されたイニングをしっかり抑えてベンチに帰りたいと思っているので、きょうは嬉しいです」と主戦投手としての矜持を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース