14年ぶり決勝も…東松山・下境監督「選手はよくやった」

[ 2012年8月17日 15:42 ]

第32回全日本学童軟式野球 東松山野球スポーツ少年団0―5鳥羽野球部

(8月17日 神宮)
 東松山野球スポーツ少年団は14年ぶり2度目の決勝進出だったが、念願の優勝はならなかった。序盤に失点して接戦に持ち込めなかった。

 当時も指揮を執った下境監督は「このチームはここまで来られただけで十分。それが決勝を戦えた。選手は本当によくやった。昨年、私は大病を患ったが、勝つたびに元気をもらった」と満足そうに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース