悔しさはプロで晴らす…龍谷大平安・高橋「自分が打てば勝っていた」

[ 2012年8月17日 16:33 ]

第94回全国高校野球選手権2回戦 龍谷大平安2―4東海大甲府

(8月17日 甲子園)
 龍谷大平安の主砲高橋は「自分のタイミングで打てなかった。自分が打てば勝っていた」と敗戦の責任を一人で背負った。

 初戦は4安打したが、この日は2三振を喫するなど無安打。スタンドの大きな手拍子に送り出された9回の最終打席も遊ゴロに終わった。

 プロが狙う強打者の進路に注目が集まる。高橋は「プロに行けるなら行きたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月17日のニュース