WBC出場問題 NPB 主催者側と交渉収穫「少し」あった

[ 2012年8月17日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)の下田邦夫事務局長は日本プロ野球選手会が不参加を表明している来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場問題をめぐる大会主催者との交渉について「(収穫は)少しはあった」との見解を示した。

 米国での交渉に出席した下田事務局長は中身は明らかにせず、選手会を翻意させるのは厳しい、との見方は崩していないが、交渉での収穫が選手会の理解を得る要素になる可能性はあるとした。交渉内容は選手会に伝えられており、20日の12球団代表者会議の後に12球団側と選手会が協議する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース