元オリ名手・馬場Jr滝川二の修平が意地の右前打 

[ 2012年8月17日 06:00 ]

<浦添商・滝川二>3回戦進出ならず肩を落とし甲子園を去る滝川二ナイン

第94回全国高校野球選手権2回戦 滝川二1―6浦添商

(8月16日 甲子園)
 オリックスなどで三塁手としてゴールデングラブ賞を2度獲得した馬場敏史氏(47=現DeNA2軍内野守備走塁コーチ)を父に持つ滝川二(兵庫)の修平は、8回に右前打を放って意地を見せた。

 「緊張せずにヒットを打てたのは自信になる。ただ最初に打てずにチームに迷惑を掛けた」と4番の責任を口にした。それでも最後には「憧れの甲子園に来て、さらに父の存在を大きく感じるようになった」と感慨深げに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース