寺原 判定覆っても流れ呼び込めず「あの場面をしっかり…」

[ 2012年8月17日 06:00 ]

<オ・西> 5回1死、秋山の打球でファウルをアピールするオリックス・寺原

パ・リーグ オリックス4-4西武

(8月16日 京セラD)
 判定は覆したけれど、白星は呼び込めなかった。オリックスの2点リードで迎えた5回の守り。1死から秋山の飛球が左翼線に飛んだ。打球はフェンスのファウルゾーンに当たったが、三塁塁審がフェアの判定。岡田監督の抗議で審判団が協議した結果、ファウルと判定を変更されたものの、今度は西武・渡辺監督が抗議して試合が4分間中断した。

 「ちょうど見えとったからな。ラインより左やった」

 岡田監督が確信していた通りに“逆転判定”を勝ち取ったが、中断時間がマウンド上の寺原に微妙な影響を及ぼしたことは計算外だった。

 秋山に四球を与えると中島、中村に連続適時二塁打を浴び同点を許してしまった。「あの場面をしっかり抑えなければいけませんでした」と悔やまれる失点となった。

 「寺原はしんどかったな。5回で100球を超えていたしな。でも、あそこまでよう投げたよ」。指揮官は3失点でしのいだ寺原をねぎらったが、結果的に手痛い引き分けに終わったことに渋い表情だった。

 ▼オリックス・小島(3番でプロ初出場し2安打)1軍はきのうの夜、電話で知らされました。3番は本当にビックリしました。ヒットが出たのは良かったですが、9回の打席で打ちたかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース