天理のエース中谷 腰の骨折乗り越え甲子園初完投

[ 2012年8月17日 06:00 ]

<天理・鳥取城北>2失点完投した天理・中谷

第94回全国高校野球選手権2回戦 天理6―2鳥取城北

(8月16日 甲子園)
 天理のエースの中谷が、昨春センバツから数えて甲子園5試合目のマウンドで初めて完投した。「やっとチームの役に立てた。うれしい」。無四球の5安打2失点に安どの表情を浮かべた。

 今春センバツ1回戦・高崎健康福祉大高崎(群馬)で、腰の骨を折り途中降板した左腕。この日は生まれ故郷の代表校が相手だった。中谷は鳥取県八頭町の中央中出身。鳥取城北にも誘われたが、「レベルの高いチームでやりたい」と天理に進んだ。それだけに「出身地の代表に負けたら、この2年間が無駄になる、と思って投げました」。エースの完全復活に、橋本武徳監督も「褒めてやりたい。精神的に強くなった」と目尻を下げた。

 ≪春夏通算70勝≫天理が鳥取城北との2回戦に勝ち、春夏通算70勝に到達した。勝利数は中京大中京131勝、PL学園96勝、龍谷大平安91勝、県岐阜商83勝、松山商80勝に次ぎ史上6位。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース