西武 今季初首位見えた!3度追いつき価値あるドロー

[ 2012年8月17日 06:00 ]

<オ・西>7回1死二塁、西武・中島は中前適時打を放つ

パ・リーグ 西武4-4オリックス

(8月16日 京セラD)
 3度同点に追いついて執念の引き分け。西武は首位・日本ハムに1ゲーム差に迫った。首位打者を独走する中島が、1点を追う7回1死二塁から3打席連続の同点適時打。「負けないで引き分けまで持っていけたのは大きい」と笑顔を浮かべた。

 5回には秋山が放った打球の判定をめぐり、渡辺監督が審判に猛抗議。4分間中断したが、続く中島は集中力を切らさず、左翼線適時二塁打を放った。指揮官は「よく3度も追いついた。力がついてきた証拠」。17日の楽天戦(西武ドーム)に勝って、日本ハムが敗れれば今季初の首位に浮上する。

 ▼西武・牧田(自己ワーストの11安打を浴び5回1/34失点)ローテーションを任されているのに、最近思うような投球ができない。次は危機感を持って投げたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース