16強出そろった 浦和学院26年ぶり、宇部鴻城は初

[ 2012年8月17日 15:44 ]

 第94回全国高校野球選手権大会第9日は17日、甲子園球場で2回戦3試合を行い、浦和学院(埼玉)、宇部鴻城(山口)、東海大甲府(山梨)が勝利。3回戦に進出する16校が出そろった。

 浦和学院は18安打の猛攻で、聖光学院(福島)に11―4で勝利。86年以来、26年ぶりに3回戦に進んだ。

 宇部鴻城は毎回で全員の21安打を放って佐世保実(長崎)を12―7で下し、初めて3回戦に駒を進めた。

 東海大甲府はエース神原が9安打を許しながらも粘りの投球で2試合連続完投勝利。龍谷大平安(京都)に4―2で勝った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース