岩瀬、浅尾不在でも…山井が3者三振締め

[ 2012年8月17日 22:30 ]

セ・リーグ 中日4―3DeNA

(8月17日 ナゴヤD)
 9回から登板した中日の山井が3者三振で試合を締め、5セーブ目を挙げた。150キロ近い速球を軸に荒波、内村を仕留めると、最後の筒香は134キロの変化球で空振り三振に。1番打者から始まる相手打線に、付け入る隙を与えなかった。

 「3連戦の初戦で勝てて良かった。結果は気にしていない」と山井は涼しい顔。岩瀬、浅尾が不振で不在の中で、立派に抑えの役割を果たしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース