エース山下 作新打線に脱帽「想像以上だった」

[ 2012年8月17日 06:00 ]

<立正大淞南・作新学院>4回1死、立正大淞南・山下は高山(奥)に2者連続となるソロ本塁打を浴びる

第94回全国高校野球選手権2回戦 立正大淞南3―19作新学院

(8月16日 甲子園)
 立正大淞南(島根)のエースの山下が、3本塁打を含む12安打と打ち込まれた。

 11失点を許して、7回限りで降板。島根大会の6試合を一人で投げ抜き、甲子園でも1回戦・盛岡大付(岩手)戦を延長12回153球で完投した左腕は「相手の打線は想像以上だった。チームに申し訳ない」。捕手の城本も「(相手打線は)切れ目がなく、どこで抑えたらいいか分からなかった」と脱帽するしかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース