ボビーに監督解任騒動…レ軍オーナーは火消しに必死

[ 2012年8月17日 06:00 ]

解任騒動が持ち上がったレッドソックスのバレンタイン監督

 レッドソックスのジョン・ヘンリー・オーナーが監督解任騒動の火消しに走った。地元ボストンでは、連日、ボビー・バレンタイン監督を交代すべきという論調の記事が続出。

 7月26日にはペドロイアら複数選手が同オーナーと会い、解任を直談判したとも伝えられた。この報道について、同オーナーが複数のメディアにメールを送り否定。話し合いの機会を持ったことは認めたが「監督を代えてほしいと願い出た選手は一人もいなかった」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース