4年間で3度目の屈辱…ペーニャ「力で圧倒された」

[ 2012年8月17日 06:00 ]

ア・リーグ レイズ0―1マリナーズ

(8月15日 シアトル)
 レイズは09年のバーリー、10年のブレーデンに続き、またしても大記録の引き立て役となった。

 球団創設15年目ながら、完全試合を3度喫するのは、ドジャースに並ぶメジャーワースト記録。しかも、ここ4年間で3度のハイペースだ。3試合とも出場しているペーニャは「過去2回はうまくかわされた感じだけど、今回は完全に力で圧倒された」と脱帽。2三振の主砲のロンゴリアも「今まで自分が対戦した中で最高の投球だった」とお手上げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月17日のニュース