大島、初の先頭打者本塁打「打った瞬間に入ると」

[ 2012年5月13日 19:07 ]

セ・リーグ 中日6-6広島

(5月13日 マツダ)
 中日の大島が1番打者として存分の働きを見せた。1回、真ん中のスライダーを捉え、右越えに自身初の先頭打者本塁打を放った。今季1号は「打った瞬間に入ると思った。思い切って振った」という会心の当たりだった。

 2回は四球を選び、5回は左前打、6回には右前打を放った。4打数3安打で3度本塁を踏み、打率も3割1分に上がった。頼もしい左打者は「とにかく塁に出ることを考えている」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース