「一発だけ」野村失投に泣く 安定感抜群も無援護では…

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<広・中>7回を投げ終え、ガックリとベンチに戻る野村

セ・リーグ 広島0-3中日

(5月12日 マツダ)
 広島のドラフト1位・野村が中日打線を7回4安打2失点に抑えながら、打線の援護なく3敗目を喫した。ブランコにプロ初となる2本のソロを被弾。2球に泣いた形だ。

 「同じ打者に2本打たれてしまっては…。きょうは調子もピッチングの内容もよかった。あの一発だけですけどね…」

 制球自慢の手元が狂ったのは0―0の5回だ。3ボール2ストライクからの高めスライダーを中越えへ運ばれると、7回には2ボールからの甘いカーブを左翼席へ叩き込まれた。

 「スライダーは高かったし2本目はカウントを悪くしてストライクを取りにいった球。ブランコにはオープン戦(3月18日、尾道)でも打たれているので、もっとしっかり研究しないと…」

 右腕は制球ミスを悔やんだが、先発の責任を十分果たす7回2失点。登板した全7試合で6回以上投げ、リーグ2位の防御率1・31を誇りながら、勝ち星よりも負けが先行するのは、すべてこれ無援に起因する。野村監督も「点が取れない中、先発の役割は果たしてくれた。打つ方にハッパをかけたい」と申し訳なさそうに語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース