坂本がスクイズ 村田にバント指示…執念采配もドロー

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<ヤ・巨>10回無死一塁、バントを空振りする村田

セ・リーグ 巨人1-1ヤクルト

(5月12日 秋田)
 勝ちきれない。巨人はここ4試合で3度目の引き分け。いずれも先制しながら、追いつかれてのものだ。今季初の借金完済はならず、貯金を一度もつくれずに16日からの交流戦に臨むことも決まった。気温8度で霧雨が降り続く極寒の中での一戦を終えた原監督は「負けなかったということで、あすにつなげるということ」と前向きに捉えた。

 1点をもぎ取るために執念の采配は見せた。7回は無死二塁から藤村がバントで送ると、3番・坂本にセーフティースクイズのサイン。きっちり一塁線に転がし、野手では今季初のスクイズで先制点を奪った。延長10回無死一塁では、4番の村田にも今季2度目となる送りバントを指示。だがバントを決められないまま追い込まれ、結局、空振り三振に倒れた。

 なりふり構わぬ戦法は序盤にチャンスをつぶし続けた結果の苦肉の策ともいえる。初回1死二塁で坂本、村田が倒れて以降、この日は打線全体が得点圏で8打数無安打。「スクイズの前に僕が1本打っていればチームは勝っていた」と坂本。1勝5敗1分けと負け越しているヤクルト戦は得点圏打率は・200と、好機はつくっても1本が出ない展開が続く。

 「1本がやはりなかなか出ませんねえ」と嘆いた原監督。借金最大7からの返済は進行中だが、浮上への足取りはまだ軽やかではない。

 ▼巨人・岡崎ヘッドコーチ(送りバントに失敗した村田について)あまりバントしたことないだろうけど、こういうこともあるから。もう少ししっかり練習しないと。

 ▼巨人・マシソン(8回から2番手で登板。2回完全で5奪三振)直球に勢いがあってフォークも落ちた。同じ腕の振りで投げられるようにして、その成果が出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月13日のニュース