6回途中4失点KO 武田勝が今季初黒星「迷いの中で打たれた」

[ 2012年5月13日 17:51 ]

<日・西>6回途中で降板する日本ハム・武田勝(中央)

セ・リーグ 日本ハム3―4西武

(5月13日 函館)
 日本ハムの武田勝は6回途中を4失点で今季初黒星を喫した。変化球の多投から疲れが見え始めた6回に3連打を浴びて降板。「迷いの中で勝負にいった結果、打たれた」と反省した。

 0―1の6回、2死無走者から中村の安打と秋山の右中間二塁打で二、三塁とされる。続くヘルマンに普段は低めに決まるチェンジアップを中前へ運ばれ2点を失った。4勝を挙げて3、4月の月間MVPに輝いた左腕は「走者が出ると苦しい投球が続いている」と課題を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース