浅尾もう昨季上回る6失点目…「何て言ったらいいかわからない」

[ 2012年5月13日 18:38 ]

8回、広島・ニックに同点打を許し、うつむく中日4番手の浅尾

セ・リーグ 中日6-6広島

(5月13日 マツダ)
 中日は1点リードの8回、浅尾をマウンドに送った。しかし、先頭の東出に144キロを右翼線二塁打とされ、1死三塁からニックに落ちきらないフォークボールを中前打されて失点した。

 試合後、右腕は「何て言ったらいいかわからない」と力なく話した。この日で21試合目の登板ながら、失点は既に6。79試合で5だった昨季を上回った。

 ただ、まだ黒星は付いておらず、首脳陣もセットアッパーから外す考えはない。「チャンスがあれば次、頑張ります」と話す背番号41の心は、折れてはいないはずだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース