京都が逃げ切り勝ち!田中 3打点で打率トップに

[ 2012年5月13日 20:10 ]

3回、左中間3点二塁打を放つ京都の田中

 日本女子プロ野球リーグは13日、花園中央公園野球場で前期の1試合を行い、京都が5-4で大阪を下した。

 京都は3回に田中の走者一掃の二塁など、3安打に押し出しの四球など2四球を絡め一気に5点を奪い、終盤追い上げられたものの守りきって4連勝。貯金を7とした。先発荒井が5回を無失点に抑える好投を見せたが、6回からマウンドに上がった塩谷が3点を献上。最終回にも1点を失い1点差に詰め寄られたが、なんとか逃げ切った。

 4連敗した大阪は成績が3勝9敗となり、前期の自力優勝の可能性は消えた。

 ▽京都・荒井 本当にバックのみんなが守ってくれて、ゼロに抑えることが出来ました。結果を意識するよりもしっかりと自分のやるべきことを意識して投げることが出来ました。お母さんに勝つところも見せられて良かったです。

 ▽京都・田中 何も狙ってなかったんですけど、とりあえず来た球を振ろうと思って打席に入りました。全走者をホームに呼び込むことが出来て良かったと思う。11打点もトップということで、一応打点王は目標ですし、これからもチームに貢献できるように頑張っていきたい。4連勝に満足することなく、これからも連勝街道を走り続けてきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース