最終的には勝ったものの…青木サヨナラ機凡退悔やむ

[ 2012年5月13日 06:00 ]

ナ・リーグ ブルワーズ8-7カブス

(5月11日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木がサヨナラのチャンスをものにできなかった。1点リードの9回の守備から出場。しかし抑えのアクスフォードが逆転を許し、延長戦に突入した。10回1死二塁での打席ではドリスの153キロ直球を捉えたが三ゴロ。12回2死一塁でも二飛。

 チームは13回にサヨナラ勝ちしたが「あそこ(10回)で決めていれば、違っていた」と5時間4分の激戦を振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース