吉永 3試合目で初失点も余裕の3勝目

[ 2012年5月13日 19:30 ]

東京六大学野球リーグ第5週第2日 早大14―2法大

(5月13日 神宮)
 早大の吉永は3試合目の登板で初失点したが、余裕ある投球で早くも3勝目。「きょうは球威、切れともあった。あとは後半のスタミナが課題」と話した。

 七回には、昨夏の甲子園大会優勝時の主将だった法大・畔上との対決が実現し、結果は二直。悔しがった畔上に対し、吉永は「シンカー。高校時代の紅白戦でも打たれた球。この次は絶対に三振に取る」と強気に言い切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース