内海7回1失点も同点打悔やむ「あそこを抑えていたら…」

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<ヤ・巨>7回2満死塁、森岡(後方)に中適時打を浴びる内海

セ・リーグ 巨人1-1ヤクルト

(5月12日 秋田)
 巨人の先発・内海は7回7安打1失点と好投したが、3勝目を逃した。

 右打者の内角を突けずに4回2失点で降板した前回5日の阪神戦(甲子園)から体の開きを修正。この日は右打者の内角を攻めた。しかし、7回2死満塁から森岡に同点の中前打を浴び「あそこで粘って投げられないのが、今の弱さ。あそこをしっかり抑えていたら…」と悔しがった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース