西武最下位脱出!西口やっと今季初勝利 涌井はプロ初セーブ

[ 2012年5月13日 16:30 ]

<日・西>プロ初セーブを挙げた西武・涌井

セ・リーグ 西武4―3日本ハム

(5月13日 函館)
 西武が1点差で逃げ切って最下位を脱出。先発の西口はキレのあるスライダーを有効に使い、6回1/3を6安打3失点、5三振2四死球で今季初勝利を挙げた。9回に登板した涌井は、2死一、二塁のピンチを招くも、中島の好守備で切り抜けプロ初セーブを挙げた。

 打線は4回2死二塁、中村が武田勝の高めに浮いたスライダーを捉え、左前へ先制適時打。6回には3安打と2四球で3点を追加した。

 日本ハムの武田勝は、5回2/3を5安打4失点(自責点2)、2三振2四球で、今季初の黒星。打線は7回に1点差まで追い上げたが届かず、3連敗となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース