起死回生打も小久保反省「打線がもっと点取らないと」

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<ロ・ソ>8回2死満塁、同点となる右前適時打を放ち、一塁コーチとハイタッチで喜び合うソフトバンク・小久保

パ・リーグ ソフトバンク2-3ロッテ

(5月12日 QVC)
 ソフトバンクの小久保が8回2死満塁から一時同点となる右前2点打を放った。「2ストライクと追い込まれていたので必死だった」。

 昨季から4連敗と苦手にしている唐川から起死回生の一打。しかし、その後は打線がつながらず、小久保も5打数1安打。通算2000安打まで残り7本としたが、チームは延長11回で今季初のサヨナラ負けを喫した。主将は「投手は責められない。打線がもっと点を取らなくてはいけなかった」と責任を感じていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース