オリックス 昨年に続き最下位で交流戦に

[ 2012年5月13日 19:45 ]

セ・リーグ オリックス1-4楽天

(5月13日 京セラD)
 オリックスの攻撃は四回の李大浩のソロのみとつながりを欠いた。昨年に続いて最下位で交流戦に入ることが決まり、岡田監督は「狙い球を打つとかもない。何でも(振りに)いってしまう」と工夫のない打撃が歯がゆそうだった。

 交流戦から負傷離脱しているT―岡田を昇格させるという。しかし、最初の4試合は指名打者が使えないセ・リーグの本拠地とあって代打起用になるとし、その上で打線については「投手が(打席に)入らないかん。今の状態じゃなあ…。より得点力が下がる」と頭を抱えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース