立大、東大に逆転で今季初勝利 小室ロングリリーフ光る

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<立大・東大>力投する立大・小室

東京六大学野球第5週第1日 立大3-2東大

(5月12日 神宮)
 東大に先制される苦しい展開をはね返して立大が開幕5戦目で今季初勝利。1点差の辛勝に大塚淳人監督は「選手は1点、1球の重みが分かって良かったんじゃないか」と前向きに捉えた。

 初戦の先発を務めてきた小室がリリーフ待機し、0―2の5回2死満塁で救援登板。4回1/3を無失点で切り抜け、今季初白星を手にした左腕は「悔しい気持ちもあるけど、任されたところでしっかり仕事をしたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース