左苦じゃない 角中、森福からサヨナラ犠飛でロッテ堅首

[ 2012年5月13日 06:00 ]

<ロ・ソ>11回1死満塁、サヨナラ勝ちとなる中犠飛を放ったロッテ・角中(中央)は、チームメートから手荒い祝福を受ける

パ・リーグ ロッテ3-2ソフトバンク

(5月12日 QVC)
 ロッテがしぶとい。首位のチームは本当にしぶとい。最後は角中が決めた。延長11回1死満塁で中犠飛。今季初のサヨナラ勝ちで、3連勝でがっちりと首位の座をキープした。一塁ベース付近でスポーツドリンクをかけられる手荒い祝福を受けたヒーローは、「最低限の仕事はできました。ベトベトするからジュースはやめてほしい」と苦笑いだ。

 1死から根元が右中間を破り、快足を飛ばして三塁打。2敬遠で満塁となり巡ってきた第5打席だった。左対左。森福の外角スライダーに対し、角中は踏み込んで中堅へ打ち上げた。

 「三振でも次(の打者)が今江さんなので、楽にいきました」。

 6年目の今季は開幕こそ2軍スタートも、今月3日のオリックス戦(京セラドーム)から5番に定着。ここ5試合で17打数6安打、打率・353と結果を残している。

 安打数は相手の半分の4本。それでもしぶとく勝った。これでチームは、昨季覇者のソフトバンクに6勝1敗1分けと大きく勝ち越し。「角中は左を苦手としていない。何とかしてくれると思った」。そう称えた西村監督は、「サヨナラ勝ち、いいですね」と笑った。

 ▼ロッテ・井口(初回1死一塁で、中堅へ先制3号2ラン)ランナー一塁だったからチャンスメークのつもりで打った。変化球にうまくアジャストできたね。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月13日のニュース