ブルペンで変えてみた 斎藤「凄くいいものができつつある」

[ 2011年8月15日 07:43 ]

<日・ソ>試合後、斎藤(左)にハイタッチで迎えられる中田

パ・リーグ 日本ハム5―2ソフトバンク

(8月14日 札幌D)
 日本ハム・斎藤は喜びに浸った。6回途中まで9安打を浴び、毎回得点圏に走者を背負ったが、2点に食い止めた。

 最近2試合の登板は、ともに5四球。制球力向上のため、今回までの登板間ではブルペンで捕手を2メートル前に座らせ、力を抜いたフォームで踏み出す左足の幅と体重移動を確認する投球練習を繰り返した。

 結果、この日は2四死球。「自分の感覚なんですけど、凄くいいものができつつある」。次回先発は21日のオリックス戦(札幌ドーム)。次こそは4勝目をつかむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース