11安打も11残塁の拙攻…星野監督「もったいない」

[ 2011年8月15日 06:00 ]

<楽・ロ>拙攻続きに険しい表情の星野監督

パ・リーグ 楽天3-4ロッテ

(8月14日 Kスタ宮城)
 楽天は相手を上回る11安打を放ちながら、11残塁の拙攻で1点差負け。借金が再び2桁の10に膨らんだ星野監督は開口一番「もったいなかったな」と疲れ切った表情を浮かべた。

 不安定だったロッテ先発の小野から5回までに2点しか奪えず、指揮官は「もっと早くつかまえないとあかん」。2回のガルシアの失策や6回無死一、二塁からの聖沢の送りバント失敗もあり、田淵ヘッドコーチは「守りもバントもセオリー通りにやらなきゃ」と細かいミスに敗因を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース