カブス・ザンブラノ 試合中、球場を離れ資格停止処分

[ 2011年8月15日 06:00 ]

 カブスは13日、カルロス・ザンブラノ投手(30)を資格停止リストに入れたと発表した。この日から30日間プレーできず、給与も支払われない。チームへの合流も許されない。

 同投手は12日のブレーブス戦で危険球で退場処分を受けた後、無断で球場を後にした。ジム・ヘンドリーGMは「放出以外では最も重い処罰。さらなる処分は大リーグ機構と選手会に任せる」と説明した。

 06年には最多勝を獲得するなどカ軍一筋で通算125勝を挙げているザンブラノは昨年6月にも、チームメートの一塁手リーと乱闘寸前となり、球団から出場停止処分を受けた。過去にも何度もトラブルを起こしており、右腕デンプスターも「自業自得だ」とあきれ顔。ザンブラノは現役引退を示唆している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース