正力氏の訃報に王球団会長「導いていただいた」

[ 2011年8月15日 20:17 ]

 巨人が「V9」を達成した黄金期にオーナーを務めた正力亨名誉オーナーが15日死去したことを受け、当時主力として活躍したソフトバンクの王貞治球団会長は球団広報を通じ「巨人軍の伝統を最も強く受け継がれ、率先してわれわれを導いていただいたことがV9につながったと思っています。一番いい時代をご一緒に過ごせたことは、私にとっての誇りでもあります」とコメントした。

 王会長の仲人を務めたのも正力氏だった。「門出を祝っていただき公私ともにお世話になったことも忘れられない思い出の一つです」と続けた。

 巨人の原辰徳監督は中日戦に備えた移動を前に横浜市内で「入団したときのオーナーで、いろいろな教育を受けた。恩師の一人。個人としても、巨人の選手としても、強い影響を受けた。ご冥福をお祈り申し上げます」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース