吉永“薄氷”完投 次戦へ「気を引き締めないと…」

[ 2011年8月15日 06:00 ]

<日大三・開星>6回裏(日)2死二塁、ショート強襲の適時打を放つ吉永

第93回高等学校野球選手権2回戦 日大三11-8開星

(8月14日 甲子園)
 日大三のエース吉永は完投勝ちも166球を投げて15安打8失点。「凄くしつこさがあった」という開星打線に連打を許し、失点を重ねて試合後は「自分がしっかり投げていればもっと楽な試合になった。打線が必死に打ってくれてまた助けられた」と反省しきりだった。

 16日の3回戦は強打の智弁和歌山が相手。「今まで以上に気を引き締めないと」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース