福留 左腕からマルチ安打「自分の中に感覚がある」

[ 2011年8月15日 06:00 ]

ア・リーグ インディアンス3―1ツインズ

(8月13日 クリーブランド)
 インディアンスの福留が左腕からマルチ安打を記録した。3回は低めのスライダーを右前に運び、8回は高めの速球を左前に運んだ。

 カブス時代は相手先発が左腕だと、決まってスタメン落ちしていただけに「左(投手)でもずっと打席に立っているし、リリーフに代わっても自分の中に感覚がある」と移籍後15試合連続で先発出場を続けている効果を実感。首位タ軍とは3ゲーム差のままだが、チームの勝利に「先手先手でいけるのがいい」と充実感を漂わせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース