8長短打一挙9点失点 新湊右腕「いっぱいいっぱいになってしまった」

[ 2011年8月15日 11:57 ]

新湊―東洋大姫路 8回裏東洋大姫路1死二、三塁、中河に中前適時打を浴び、顔をしかめる新湊・袴谷

第93回全国高校野球選手権3回戦 新湊1―11東洋大姫路

(8月15日 甲子園)
 新湊のエース袴谷は疲れが見え始めた8回に8長短打を浴びて一挙9点を失った。「スライダーでストライクが取れず、いっぱいいっぱいになってしまった」と悪い流れを断ち切れなかった。

 初戦より変化球を多めに使い、7回までは2失点と粘った。この日も応援団から球場を揺らすような大声援を受けて投げた右腕は「(声援は)本当に力になった。自分の実力不足でみんなを勝たせてあげられなくて悔しい」と涙を拭った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース