斎藤攻略ならず…併殺打のオーティズ「球が遅くて…」

[ 2011年8月15日 06:00 ]

パ・リーグ ソフトバンク2-5日本ハム

(8月14日 札幌D)
 ソフトバンクは11安打しながら10残塁の拙攻で今季初の2カード連続負け越しとなった。最大の敗因は2―0の3回無死満塁で無得点に終わったこと。

 無死満塁で見逃し三振に倒れた多村は「打ちづらかった?全然。ただ、最後はいいところに投げられた」とぶ然。直後に三ゴロ併殺打を放ったオーティズは「ミスショット。その前のボールをセンターに打とうとしたけど、球が遅くてファウルになった。それで引っ張るしかなくなった」と悔しがった。大勢を決める絶好機を逃し、秋山監督も「あそこだけだよ。誰が見てもそうだろ」と渋い表情だった。

 ▼ソフトバンク・内川(初回の先制適時打を含む3安打も)負けたら打った、打たないは関係ない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース