4番・栗原 2度の満塁機でいずれも凡退

[ 2011年8月15日 06:00 ]

セ・リーグ 広島2―6巨人

(8月14日 東京D)
 広島は4番・栗原が2度の1死満塁の好機で凡退した。

 5回は三直で併殺となり、7回は見逃し三振。チームの押せ押せムードは一気にしぼみ、「捉えきれなかった。一本出ていれば違う展開だった」と肩を落とした。巨人に1勝2敗で負け越した今3連戦は、10打数1安打。元気のない主砲に浅井打撃コーチは「攻撃というのはバットを振るだけじゃない。ボール球を振らない選球眼も攻めの一つ」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース