いいペースも想定外だった新湊 敗因は「精神的なスタミナ不足」

[ 2011年8月15日 10:39 ]

3回戦で敗退し、グラウンドの土を集める新湊ナイン

第93回全国高校野球選手権3回戦 新湊1―11東洋大姫路

(8月15日 甲子園)
 目論んでいた通りの接戦。新湊・森監督は「相手が嫌がる展開に持ち込めていた」と、1点ビハインドも勝機あり、と見ていた。

 8回。すべてが想定外だった。思わぬ守備の破たんにエースが痛打を浴びた。「8回は守備が慌ててしまったのかな」と森監督。追加点が入らずジリジリする展開にも耐え続けた、相手から「高いレベルの野球を勉強した」と脱帽した。

 接戦を勝つためには気持ちをどこまで強く切らさず持てるかがカギになる。「負けたのは精神的なスタミナ不足」と森監督。東洋大姫路との目に見えない差を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース