3塁コーチ好判断!山田久志氏の親戚が先制ホーム

[ 2011年8月15日 06:00 ]

<英明・能代商>4回表(能)2死一塁、小川の右中間二塁打で生還し、雄叫びをあげる山田一

第93回全国高等学校野球選手権2回戦 能代商2-0英明

(8月14日 甲子園)
 4回2死から能代商のチーム初安打を放って、好走塁で先制のホームを踏んだのは元阪急・山田久志氏の親戚、4番・山田一だ。

 小川の右中間への浅い打球(記録は二塁打)で一塁から一気に生還して「何とか1点取りたかった。走塁は三塁コーチの判断に任せている」。三塁コーチは今春から専任で務める背番号10の2年生右腕・石田。シートノックで外野の動き、中継プレーをチェックして判断良く腕を回した。6回1死二塁でも外野手の緩慢な動きを読んで二塁走者・泉を本塁生還に導き「お前、最高!」とナインに称えられていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース