斎藤 無死満塁乗り切った!勝ち星つかずも首位討ち貢献

[ 2011年8月15日 06:00 ]

<日・ソ>試合後、斎藤(左)にハイタッチで迎えられる中田

パ・リーグ 日本ハム5―2ソフトバンク

(8月14日 札幌D)
 白星は手にできなくても、日本ハム・斎藤は喜びに浸った。6回途中まで9安打を浴び、毎回得点圏に走者を背負ったが、2点に食い止めた。

 「(結果的に)あと1人抑えれば、勝ちが転がり込んできたから悔しさもある。でも、直接対決でチームが勝ったことに意味がある。(自分にとっても)無駄にならない次につながる投球」と収穫を口にした。

 最大の踏ん張りどころは2点リードされての3回、3連打で招いた無死満塁のピンチ。「思いきり投げることだけを考えた」と、粘る多村を9球目で見逃し三振。続くオーティズを7球目で三ゴロ併殺打に仕留めた。ともにフルカウントから142キロの直球を決め球にした。梨田監督も「苦しいところで抑えた。チームが勝っているんだから“持ってる”よね」と目を細めた。

 ▼日本ハム・吉井投手コーチ 先発として長い回を投げる作戦が少し分かってきたかな。初回に逃げないで直球を投げて踏ん張ったから、5、6回を投げる作戦を残しておけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース