巨人 阿部がドームで打つと14連勝中

[ 2011年8月15日 07:49 ]

セ・リーグ 巨人6―2広島

(8月14日 東京D)
 巨人・阿部(巨)が5回に逆転の13号3ランを放った。今季の殊勲アーチは9本目で、セではラミレス(巨)12本、畠山(ヤ)10本に次ぐ本数になった。

 阿部が東京ドームで本塁打を打つとチームは昨年7月4日阪神戦から1分けを挟み14連勝だ。

 8月に入り、巨人の1試合平均本塁打は1・42本(12試合で17本)。7月までの0・68本(80試合で54本)からは倍増ペースと重量打線が復活しつつある。

 今月セの本塁打5傑を見ても(1)高橋由(巨)5本(2)阿部(巨)、栗原(広)4本(5)小笠原(巨)、スレッジ(横)3本と5人のうち3人までが巨人勢だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース