リーグ最低が一変 巨人 後半戦はすでに6度

[ 2011年8月15日 07:47 ]

セ・リーグ 巨人6―2広島

(8月14日 東京D)
 持ち前の重量打線が本塁打を量産すれば、当然、試合展開も大きく変わる。巨人は球宴前までリーグ最低の8度しかなかった逆転勝ちが、後半戦は11勝のうちすでに6度を数える。

 これで8月は4カード連続勝ち越しで、勝率は再び5割に復帰。原監督は「逆境の時でも流れを呼び込んで(チームが)動きだしたのには、少し手応えを感じています」と胸を張った。お盆真っただ中で世の中は帰省ラッシュだが、巨人は白星ラッシュの様相だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月15日のニュース